中学時代の日焼けと戦う日々

私の肌の悩みは「シミ・そばかす」です。本音口コミ!パーフェクトニードル

19歳頃からシミ・そばかすが現れ始め、21歳の今ではコンシーラーでカバーしないと目立って、気になるようになりました。この原因として心当たりがあるのが、中学時代の部活動です。

今では肌が綺麗になるようにスキンケアに力を入れたりして、外見を気にするようになりましたが、中学時代は外見のことは気にしていなかったので日焼け止めを塗らずに、部活動をしていました。

陸上部だったので体育館などの中での活動は一切なく、毎日太陽が当たる中、練習をしていました。そのため、がっつり顔を日焼けしてしまいました。

私の日焼けは「赤くなってから肌の色が戻る」タイプで、肌の色が黒くなかったため、中学時代は日焼けを気にしていませんでした。

それが今になって、シミ・そばかすとなって現れてきました。ビタミンCが入っている美容液や化粧水を使って、ケアをしていますが、薄くなるだけで完全に消えることはありません(涙)そこで、美容皮膚科でレーザーで消してもらおうと相談しに行きましたが、大学生ではなかなか手を出しづらい金額だったので、断念しました(涙)

今では、一日中家にいる時も日焼け止めを必ず塗って、顔面の二次災害を起こさないように努力しています!