歯周病が原因で口臭が気になるようになる。

歯周病。中年以上の年齢になるとかかってくることの老い病気。年々知らずうちに奥歯を中心に歯茎が下がってきて、歯周ポケットが深くなりなぜか、いつも食事をすると必ずと言って良いほど、奥歯に食べものが詰まってしまい、取るのが大変。奥歯もグラグラになってきてしまう。http://www.caicalif.org/

そのため、どうしても刺繍ポケットには何かしらカスが溜まってしまうものである。そのため、歯磨きはいつも慎重に一生懸命磨くのであるが、歯ブラシのエッジの立て方がどうしてもうまくいかない。なんとなく磨いて歯の表面や歯茎も磨けているため、すっきりした感覚となるのであるが実はポケットの奥にはしっかりと残っているのである。

そのためそのカスが慢性的に溜まってしまい、虫歯や腐ったりするなどして、歯茎が炎症、それを無理矢理歯ブラシで力を込めて磨いてしまうから余計に歯茎を痛めてしまう。

走行していると、傷ついてしまいバイキンが入り、膿んでしまう。この膿がポケットの奥の方にできると、その膿はなんとも言えないいやーな匂いとなってしまい、口臭として吐息でみんなに迷惑をかけてしまうのである。自分ではもう慢性的なため、その匂いすら慣れてしまうことにより感じなくなってしまうことが多いが、なんとも言えないいやな匂いのようだ。

これは、しばらくは意識的に消し去るように、丁寧に歯磨きをした上で、口臭予防として薬品のうがいを使い、口内ケアに心がけた方が良いだろう。