よく耳にしてきた変化・30代編

「お肌がピチピチで良いわねー」とよく言われ、どう返していいものかと悩みながら、にっこり微笑んでいた10代。
そして「今だけよ!お肌キレイなのわ!もう本当にすぐに、しわ、たるみ、くすみが出てくるから、ちゃんとケアしなきゃダメよ!」と言われた20代。
30代になって、本当に色々なトラブルが出てくる。笑いじわ、目元のくすみ、ほうれい線、しみなど。

http://www.nunuk-nunuk.com/

もちろん10代の頃は、ニキビや吹き出物に悩まされ、自分の肌が好きだなんて思えたことはなかったけど、周りからは「若いっていいわねー」という言葉で一括りにされ、自分の肌嫌いなんだけどなぁとは口には出来なかった。

だって周りのおばさま方は、高い化粧水を使ってもあーだこーだ!と文句ばかりで、「ニキビがあっても若いから、すぐ治るから」と言われてしまえば、それ以上のことは何も言えない10代の私。

でも今から考えれば、その年代年代で悩みもあるのだから、若い子たちに「若いっていいわねー」と一括りに言うおばさんにはならないように気をつけてはいる。
20代の頃はお化粧するのが楽しくて、化粧ノリも良いお肌だし、メイクを楽しんだ。

そして30代になったら、まずはスキンケアが大事だとつくづく思う。高い化粧品を使うことが良いのではなくて、自分の肌に合うスキンケア商品に出会うことが大切だと思う。

私の場合は敏感肌だったが、高校卒業後すぐに、百貨店の化粧品売り場に配属になった友人とばったり再会し、もらったサンプルが肌に合っていて、それからそこの化粧品でニキビが治り、綺麗なお肌になり、メイクアップ商品も同じメーカーで揃え、30代になった今も愛用している。
もちろん、その年代に合ったスキンケア商品を紹介して頂いているので、ずっと同じ化粧水とかクリームということではないが、基本的には同じ化粧品メーカーを愛用している。

様々な化粧品メーカーがあるので冒険してみたいなぁと思ったこともあるが、肌に合わなくてトラブルが起こって皮膚科に通う羽目になるのも嫌だし医療費もかかるので、基本化粧品メーカーを変えようとも思わない。

今の化粧品たちで満足もしているし、これからも愛用し続けると思う。要するに、肌に合った化粧品に出会うことが大切。私は人生の中で早めに肌に合う化粧品に出会えたことで救われたし、運が良かったのだと思う。