肌を守る為に

肌は弱い方なので、日焼けはしたく無いため日焼け止めクリーム等をつけているが、よくクリームの量が多くて顔がベタベタになったり、逆に少なくて日焼けをしたりした事があったので適切な量が知りたいと思うことがあった。

ドクターケシミー

     それに、どのような日焼け止め肌クリームでも良いのか気になる事がある。確かに少量でも大丈夫なクリームもあるが、あまり塗っていないと本当に効果があるのかどうかが疑問に残る。高いものはそれは良いものだと思うけど、毎日使うものだから手頃な値段で買える市販品が良いと思う。「手頃な値段で買える」というのが無いと正直キツイ。

     日焼け止めクリームを使う量は、手のひらに10円硬貨程度の量を出して、それを広げて塗っているがそれでも量が多くて少し余る。

     どんな化粧品類でもどれほどつければよいかわからず、いつも顔にベタベタ塗り込み、そして色んな種類の化粧水等も顔に塗っているが、それで良いのかはわからない。

     結局のところ、適切な量というのがどの程度なのかは自分のさじ加減が大切なのだと思う。高い、安いというのもそれが自分に合ったものなのかが重要で値段は関係無いと思っている。      これが自分が様々なものを使ってみてわかった事である。