きれいな沼を食べた話

2020年春、私は悩みに悩んでいた。
コロナ禍による緊急事態宣言、一斉休校。
仕事も休業してしまい、中学生と小学生の二人の子どもと引きこもり状態の日々の中、気付いたら時すでに遅し。

パエンナキュットの口コミや効果などをご紹介!一番お得に購入できる通販サイトは?

「体重がヤバい」

恐る恐る乗った体重計には、妊娠8ヶ月かな?と思うような数値が表示されている。
なんだこの数字は。
自粛生活に疲れた体重計が適当な数字をでっちあげているのか?体重計さん仕事してくださいよアハハ~!

体重計さんの仕事ぶりはいたって普通でしたね…。

そんなわけで、このまま悪化したら大変なことになると思った私は、とにかくダイエットをしなければと躍起になった。

youtubeで竹脇まりなさんと踊ってみたり、携帯のダイエットアプリで一緒に筋トレしてみたり。
そんな中、色々調べていると、ネットでとある料理を見つけた。

「沼」

果たしてこれを料理と呼んで差しつかえないのか不明だが、その名前にふさわしい見た目の画像が次々と出てくる。
「沼」とは、色々と見たところによると、どうやらお米と鶏むね肉、お好きな野菜を、少量のお米とともに炊飯器に放り込み、大量の水を入れておかゆモードで炊いたもののようだった。
タンパク質多めで、脂質、糖質は少な目、ダイエット用にピッタリ!とのこと。

いやしかし前述の「沼」というネーミング。
トンネルを抜ける…ならぬ、
炊飯器を開けるとそこは沼だった。
みたいな見た目の、おどろおどろしい物体になるわけですよ怖い!何のせいだ?海苔か?オクラか?ブロッコリーか?

ほかならぬ自分だけで食べるものとはいえ、ちょっと食べ物の見た目ぐらいは気にしておきたい。
ダイエット本で今話題の「かのまん」さんのツイートを発見し、「(見た目の)きれいな沼」にチャレンジ。
おかゆと鶏肉は同時に炊き、野菜は別でゆでたものをトッピングすることに。
味付けはその時の好みで、かつおだしだったりコンソメだったり、中華スープの素だったりした。

味は同じだが、心なしか見た目が沼じゃないだけ美味しいような気がする。
見た目大事。

夜は普通の食事にし、朝と昼だけ沼生活を1か月。
その間、週3回ほどの頻度で、一回小一時間ほどの筋トレを継続した結果、あっという間に5kg減。
体重計さんが!仕事している!(※体重計さんの仕事ぶりはいつも通りです)

沼すごい!沼ありがとう!沼最強説!

※筋トレはやらないと無意味なことだけ言っておきます。やっぱり運動は必須。継続あるのみ。