小さい頃からの悩み事

私は、30代の会社員です。
就職の際に上京して約10年になります。
東北出身の私ですが、周りは自然に囲まれており、空気も美味しく、井戸水なんて当たり前。

http://www.aim-ilccc2019.com/

私の実家も友達も農家ばかりでした。
大自然に囲まれて育っているせいか、肌の綺麗な子ばかりでした。
みんな色白で肌もきめ細かい人ばかり。
私も同じ環境で育ってきたはずなのですが、私には、肌にコンプレックスがありました。

それは、ソバカスです。
物心ついた時には、私の鼻や目の下にはソバカスがありました。
私も、肌が白かったせいかソバカスがより目立っていました。
周りの友達からも、ソバカスのことを変だね!とか、パンダみたい!と、毎日のように言われて自分の肌に対して自信がありませんでした。
中学生になると、ソバカスが薄くなるサプリを買って飲んだり、薬を塗って試すこともたくさんありましたが、効果も全くなく、年頃の私は、どんどん自信をなくしてしまいました。

ファンデーションでソバカスを消してみたり、下地で消してみたり…。
裸弱かったせいがその行動のせいで、肌がより荒れてしまいました。
とにかく、自分の肌に対してコンプレックスしかありませんでしたし、自分の肌は汚い!白くない!弱いせいで化粧もできない!と、自分の肌が顔が大嫌いでした。
就職をきっかけに東京に上京し、職場の人に肌がきれい!白くてきめ細やかでいいね!と、褒められることが多くなりました。
ソバカスのことを言いますが、気づいたら昔よりもソバカスが薄くなっており、気にすることも無くなりました。

ここまで褒められたことも無く、半信半疑で化粧品売り場で自分の肌を見てもらいました。
化粧品売り場のスタッフさんにも、自分の肌を褒めてもらいとても嬉しかったです。
そして、私の小さい頃の話を聞いて一緒に怒ってくれました。

自信を持って笑った方がいいよ!と、言ってくれた言葉が今でも忘れられません。
自信のない自分がここまで褒められるなんて…。と、思いました。
小さい頃に言われた些細な言葉って、本当に相手を傷つけいつまでも残るんだなぁ。と、実感しました。
逆にスタッフさんの一言でここまで、自分が自信をもてるようになると思いませんでした。
褒められて自分の肌にも、顔も好きになることが出来ました。
肌は、弱いので今は、自分に合った化粧品や、スキンケアの用品を使ってます。
コンプレックスだったことも、今では、いい思い出になり、自分を好きになれました。